だるまさんが転んだら 2014年03月05日

堀内公太郎の「だるまさんが転んだら」(宝島社文庫)を読了しました。
<引用開始>
小説投稿サイトで繰り広げられるコワ~い事件

元人気俳優が、ミステリー小説新人賞を受賞した。
作家志望の平助は盗作疑惑を抱き、独自調査に乗り出すが…。
平助が真実にたどり着いたとき、驚きのラストが待ち受ける!

『公開処刑人 森のくまさん』著者が描く、“文壇サスペンス”!ゴールデンエッグス社の第10回GEミステリー新人賞受賞作『だるまさんの鬼ごっこ』の著者が、元人気俳優の向坂祐一郎であることが発覚した。本はたちまち話題となり、ベストセラーになる。作家デビューを目指して投稿生活を続ける平助は、向坂の作品が、過去に自身がサイトに公開した内容と酷似し、盗作されていることに気づく。真実を突き止めるべく、出版元の担当編集者に会うが、平助はその編集者にも疑念を抱く。そして平助は、予想だにしない展開に巻き込まれる――。『このミステリーがすごい!』大賞シリーズ作品。
http://tkj.jp/book/?cd=72180401
<引用終了>
見出しを読んで、内容も読んで数年前にあった水嶋ヒロの文学賞受賞を思い出しました。
本名の斎藤智裕名義で出した「KAGEROU」がポプラ文学賞を受賞したアレです。
アレは一体なんだったんだろう。
芸能界を引退し、妻の絢香の看病をするとかなんとかいう話だったと思ったのだが。
結局は次回作を書くこともなく、しれっと俳優に復帰。女房のほうも休業前と同じく歌を歌っているではありませんか。
事務所からの独立とか、ケジメとかそんなあたりだったのかな。だとしたら文学をダシに使ったようで、ちょっと許せません。

「雨が好き」の高橋洋子とか、「家族ロンド」の椎名桜子とか、SFの新井素子とか、全くその後を聞かないぞ。これらが話題づくりといわれても仕方ない。実力がものをいう世界だから自然淘汰されたのだろうが迷惑な話です。

この物語でも、プロット作りは一流だが文章力がまるでない作家志望者が主役として出てきます。その彼のプロットを丸ごと剽窃した別の作品が文学賞をとってしまう。しかもその作者、問題を起こして第一線から消えた元俳優だという。元俳優に文学賞をとらせたら話題になって売れるぞ、という一方の流れは、まんま水嶋ヒロの一件に重なってきます。しかしここでは殺人まで起きてしまう。そして意外な秘密が最後の最後に出てきて・・。

「森のくまさん」同様、ネットの世界の残酷さや凶暴性が今回も登場してきて、合間合間でいいリズムを作っていました。
ご一読をお勧めします。

代替案 2014年03月04日

70歳以上が歌う合唱に付き合わされた両親。三月九日が本番。
明日も全体練習があるというが、男性は蝶ネクタイをしてきてくれという。
もちろん、当家にそんなものはありません。格式高すぎだろう。

100均であるだろう、と安請け合いして探してみたら、これがまるでない。
しかたなく、紳士服量販店で蝶ネクタイを確認すると、4000円もする。

黒のボウタイ。なまじ礼装だから、かえって割高な設定なんですね。

午後からあらたに探しにいこうかと思ってたら、使わなくなった母のベルトについた黒いリボンを発見。ベルトから、取り外せる。これが使えないだろうか?

リボンの尖った両端を折り曲げて、裏側を接着剤でつけると見た目は完全なボウタイになった。
これに首につける紐をとりつけて、見事にボウタイもどきを完成させることができました。

無駄な出費を前にすると見事に団結する。
やっぱり親子なんだな、と変なところで実感した昼下がりです。

非劣なバカ 2014年03月03日

国語力の深刻な低下は、端的にこんなところに現れる。無知は罪でもあります。
<引用開始>
ヘイト落書き、許さない ボランティアら、大久保で清掃
韓国料理店や韓流スター関連商品の店が集まり、「コリアンタウン」として知られる東京・大久保とその周辺の計約50カ所で、在日韓国・朝鮮人らを蔑視する落書きが見つかったことが、市民グループの調査でわかった。2日、ボランティア約50人が落書きを消す清掃活動をした。

市民グループは、在日韓国・朝鮮人への憎しみをあおるヘイトスピーチ(差別的憎悪表現)のデモに反対する「のりこえねっと」など。今年2月に巡回した際に、商店の看板や住宅の壁、JRの高架下などで「コリアン日本へ来るな」「非劣なバカ」「帰れ」といった文言やナチス・ドイツのシンボル「かぎ十字」など、油性ペンやスプレーを使った落書きを確認した。

グループは新宿署や新宿区役所、JR東日本に相談。「差別落書きを許さない姿勢を示そう」とツイッターなどで呼びかけた。2日は首都圏や東海地方などから集まった人らが雑巾やスポンジで落書きを消して歩いた。横浜市の会社員男性(53)は「消しても消してもまた書かれると聞き、すぐにみんなで取り組まなければと思った」と語る。

ヘイトスピーチのデモは昨年前半、東京や大阪で多発。大久保では昨年9月を最後に起きていないが、銀座などの繁華街や全国各地に拡散しているという。
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11008564.html?_requesturl=articles/DA3S11008564.html&iref=comkiji_txt_end_s_kjid_DA3S11008564
<引用終了>
匿名性を担保しつつ、絶対に安全な位置から他者に危害を加える。ほんとに腹の立つ記事ではあるが、一瞬だけ笑ってしまいました。“卑劣”を“非劣”と落書きしているという。これだと「劣に非ず」だから優れているってことになるじゃないか。「優れたバカ」なら、おちょくりか、ひねくれた称賛と受け取られる可能性もちょっとだけあるぞ。

非劣のおかげで「粗にして野だが卑ではない」(城山三郎)「わが心は石にあらず」(高橋和巳」を思い出した。読み返してみよう。
とはいえ、低レベルで書かれているこの言葉にははっきりと害意がある。目にした人は傷つくか、気分が悪くなるであろう。無知はほんとうに罪。

きちんとした国語の勉強、はっきり言えば本なんて読んだことないんだろう。せいぜいが「嫌韓流」だの「SAPIO」あたりの与太記事を流し読みするくらいか。国語も不十分なそんな連中が語る「日本が危ない」「愛国」ってどんなレベルだかわかります。さぞや不遇で、イケてない生活を過ごしているんだろう。こんな連中のそばにいたくはないなあ。

第二次戦争 2014年03月02日

第二次クリミア戦争が起こるか。風雲急を告げてるが、戦争までには至らないのではないか。
<引用開始>
欧米とロシア、国連安保理で非難応酬 ウクライナ緊迫
国連安全保障理事会は1日、前日に続きウクライナ情勢をめぐる緊急会合を開いた。現状説明のために出席したウクライナの国連大使は、同国でのロシア軍展開を非難し、撤退へ安保理の行動を要請。暫定政府支持の米英仏はロシアに即時撤退を迫ったが、ロシア側は「ロシア市民を保護する活動」と正当化し、議論は平行線をたどった。

会合では冒頭、ウクライナのセルゲイエフ国連大使が「ロシア軍が違法に国境を越え、ウクライナに侵入している」と述べ、「これは侵略行為であり、我々の領土一体性に対する深刻な脅威だ」と非難。国際社会による監視を行うよう安保理に要請した。

米英仏の国連大使もロシア軍の展開に懸念を示し、撤退を要求。米国のパワー大使は、事態悪化を防ぐため、国連と欧州安全保障協力機構で構成する「国際調停団」をウクライナに緊急派遣すべきだと提案した。
http://www.asahi.com/articles/ASG3241MQG32UHBI00Z.html?iref=comtop_6_02
<引用終了>
ソチ五輪が終わったと同時に騒ぎ始めましたね。キエフ大公国をもとにしたウクライナ人、オデッサなどに住み着くためにコサックを追い出したロシア人が並存しているのがウクライナ。大きく北西部と南東部に分けられます。
南東部の黒海沿岸は歴史的にロシア人が多いこともあり、ソ連崩壊後もロシア共和国はオデッサに軍港を租借し、黒海艦隊をいまだに置いている。このことが親欧米でのウクライナ独立をすんなりと認められない要因になっています。

ヨーロッパ有数の肥沃な黒土と、豊富な鉱物資源で有名ですが、その多くは東南部に集中しているのだな。
ウクライナ分裂は、当事者同士は望んでいるが、周辺国は分かれたら困るところが多いようで。
仮に北西部で、ウクライナ人の国家が成立してEUに加盟したとする。国家財政が破綻状態の同国は、第二のギリシャとなる可能性が高い。
もうひとつ、ガスパイプラインをロシアとの間で敷設しているEUからすると、ロシアと揉めたくはない。脱原発で進みだした国が殆どなので、ガス供給を止める、と言われるのが恐い。

一方でアメリカはウクライナの国家破綻を目指しているが、分離状態でのそれは望んでない。鉱物資源などを親ロシアであるクリミア自治共和国に逃げられ、大きな資源のない北西ウクライナを入手しても、うまみはないと考えている。
問題はプーチンがどう動くか。クリミアに派兵して強硬路線を標榜しているが、オデッサの租借延長とロシア人自治権拡大と引き替えに、ティモシェンコを大統領にして一国として維持させるのではないか。アメリカとの暗闘が凄そうですけどね。

珈琲店タレーランの事件簿2「彼女はカフェオレの夢を見る」 2014年03月01日

岡崎琢磨著「珈琲店タレーランの事件簿2~彼女はカフェオレの夢を見る~」(宝島社)を読了しました。
<引用開始>
全国の書店で続々1位獲得!
80万部突破の人気シリーズ第二弾!

女性バリスタ・切間美星の推理が冴える

京都の小さな珈琲店に、美星の妹が突然やってきた。
日常に潜む謎が、秘められた姉妹の過去を明らかにしていく――

京都の街にひっそりと佇む珈琲店《タレーラン》に、頭脳明晰な女性バリスタ・切間美星の妹、美空が夏季休暇を利用してやってきた。外見も性格も正反対の美星と美空は、常連客のアオヤマとともに、タレーランに持ち込まれる“日常の謎”を解決していく。人に会いに来たと言っていた美空だったが、様子がおかしい、と美星が言い出して……。姉妹の幼い頃の秘密が、大事件を引き起こす!
http://tkj.jp/book/?cd=72098901
<引用終了>
やはり、第一弾の「また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を」を読んでおかないと理解することが難しいようです。キャラクターの性格や位置づけを把握していないと、物語の運びを理解するのに時間がかかってしまうでしょう。
全体で300ページほどの分量ですが、幹となる物語がひとつあり、枝葉にあたる話がいくつか続きます。
殺人や傷害といった場面は出てきませんが、誘拐や身代金受け渡しなどがあり、いくつかの伏線も早い段階から示されます。
アームチェア・デティクティブならぬ、コーヒーハウス・デティクティブのようなもので、主人公は殆ど店内にいてあれこれ推理を働かせていきます。

恐ろしく聡明なヒロインが主人公です。相方が、やや口数が多いけど、失言をたしなめられるアオヤマという設定。ホームズ・ワトソンみたいな設定ですかね。

第一弾に比べると、今回のは凝りすぎたかなあ。面白いことは面白い。
第一弾で気に入りましたら、こちらもご一読をお勧めします。

御殿山 2014年02月28日

また、メルクマールが消えていくのですね。
<引用開始>
ソニー、旧本社ビル売却へ=リストラで「創業地」撤収
ソニーが、東京都品川区にある旧本社ビル(NSビル)などを売却することが28日、分かった。同社はテレビやパソコンなどの不振で電機事業の赤字が続いており、資産売却で穴埋めを図る。今回、手放すのは「御殿山地区」と呼ばれる事実上の「創業の地」に立地する施設で、リストラを徹底する。
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201402/2014022800448&g=eco
<引用終了>
御殿山には一時期よく通った。品川と五反田の中間あたりに位置するので、行くときは五反田からバスで坂を上るか、品川駅から八つ山方向にやはりダラダラ坂を登っていくのです。帰りはいずれにしろ下り坂なので、余裕があるときはいつも歩いて駅まで戻りました。

五反田で待ち合わせするときは、駅前ロータリー正面にあった「洋菓子モデルン」を集合場所にしたっけ。今は無くなった。優雅な仕事ぶりだったのだな。

本社ビルの裏側がちょっとした山になっていて、その麓にソニーの技術教育センターと販売研修センターがありました。道を挟んだ向かいが皇族の住居だった。
仕事で行ってたのだけれど、何度かお菓子のお土産をもらった覚えもある。
今は絶対にないだろう。つくづく優雅な時代だったのだと思います。
皆さん、強かに生き抜いているのだろうか。健闘を祈る。

偽装通貨 2014年02月27日

ビットコイン。これまで気にも留めなかったけれど、あれは少し前に問題になった『円天』と同じ構造ではないのか?
<引用開始>
泣き寝入りも…実体なきビットコイン、規制なく
インターネット上の仮想通貨「ビットコイン」の取引所のサイトが閉鎖状態になり、混乱が広がっている。ビットコインが通貨や電子マネーと違って法的な位置づけが曖昧で、利用者を保護したり、業者を規制したりする法制度が未整備であることが問題の背景にある。

ビットコインは、ネット上のプログラムが発行量などを自動で管理する一種のデータで、発行主体も管理者もいないため、法的に「通貨」とはみなされない。

発行を受ける際にお金の払い込みが伴わないため、電子マネーを規制する資金決済法の対象からも外れる。

仮に取引でマネーロンダリング(資金洗浄)が見つかっても、「通貨」ではないので不正取引を防ぐ犯罪収益移転防止法で取り締まることが難しい。

一方、問題の発端となっているビットコインの私設の取引所は、当局への届け出が不要で、取引を仲介するノウハウがあれば、誰でも開設できる。

ビットコインとドルや円などの「現物通貨」とを交換する取引は、両替や商品券などを売買する金券ショップの業務とも似ているが、ビットコインはただのデータで実体を持たないことから、金券ショップを取り締まる古物営業法の適用も難しいという。

金融庁や財務省、警察庁、消費者庁などが情報収集を急いでいるが、ビットコインを直接所管する官庁はなく、法制度も追いついていないことから、今後の対応は難航が予想される。

ビットコインに詳しいみずほ証券の楊為舟アナリストは「現状でトラブルがあった場合は泣き寝入りするしかないだろう。利用者保護の仕組みの整備が求められるが、規制が強まれば利用者が減る可能性もある」と指摘している。
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20140227-OYT1T00179.htm?from=main1
<引用終了>
今回問題になったマウント・ゴックス社の取引停止問題。何かおかしい。
サイバー攻撃を外部から受けたから、とされているが本当にそうなのか?
お金を集めるだけ集めて、攻撃を受けたとして逃げる算段をとっているんじゃないのか?

利用者は泣き寝入り。少し騒がれても、ほとぼりが冷めたあたりで隠しておいた金を引き出そう。そう考えてるように思えてなりません。

利用者については、もともと利殖を目的とした後ろ暗いとこがあるから、自己責任で泣き寝入りしてもらおう、と踏んでいるのではないかと思います。

それにしても末尾のアナリスト氏の発言、語るに落ちますね。
「保護の仕組みの整備が求められるが、規制が強まれば利用者が減る可能性もある」って、利用者減を心配してるのかよ。

ビットコインを今まで問題視してこなかったのは、上手くいくようなら自分たちも参入してやろう、という腰の定まらない姿勢があったからですね。

ヴァーチャル空間のSecondLifeがうまく行かなかったのも、お金の扱いが難しいから。

周囲を出し抜こうという発想が根底に潜んでると、なかなか蔵は立たないよね。

出る人出させる人 2014年02月26日

五輪メダル獲得選手たちの帰国会見を見ていて、いつものことを思いました。
<引用開始>
「ゆづの恩返し」報奨金600万円は被災地へ寄付
ソチ五輪日本選手団の橋本聖子団長(49)ら役員3人と選手7人の計10人が25日、東京都内のホテルで帰国会見に臨んだ。フィギュアスケート男子金メダルの羽生結弦(ゆづる、19=ANA)は、日本オリンピック委員会(JOC)などから給付される報奨金の使い道を尋ねられると、11年3月に発生した東日本大震災の被災地支援などに充てると即答。仙台市出身の金メダリストが「ゆづの恩返し」で地元への感謝の思いを伝える。

美しい演技で日本中を元気にした羽生が恩返しを約束した。席上、報奨金の使い道についての質問が飛ぶと、真っすぐ見据えて「震災への寄付だったりスケートリンクへの寄付だったり、そういうところに使おうかなと、今の段階では考えています」と答えた。よどみなく発する言葉に、被災地への思いがあふれた。

地震があった11年3月11日は、仙台市内のアイスリンク仙台で練習中だった。市内の自宅は全壊し、4日間の避難所生活も強いられた。12年5月に拠点をカナダのトロントに移した際は後ろめたさを感じたほどだ。金メダルの羽生に給付される報奨金は、JOC300万円と日本スケート連盟300万円の計600万円。いまだ復興が進まない東北に、恩返しの気持ちを込めるつもりだ。

「ゆづの恩返し」はこれだけにとどまらない。会見前に訪れた文部科学省では、下村博文文科相らと歓談中、「僕は被災地の仙台から出た人間なんですけど」と切り出すと、こう“陳情”した。「東北には6県で通年のリンクが1つしかない。24時間ほとんど埋まっている状態で、なかなか練習時間が取れない。そういう環境で世界選手権3位まで頑張ったが、(継続は)厳しいということでカナダに出る決断をした。これをきっかけにではないが、東北のスケーターの方々にご支援を…」。後進の育成や裾野を広げることは、愛するフィギュアスケートへの恩返しでもある。それにはまず、ハード面の充実が前提。被災地やフィギュア界のためには、金メダリストの肩書を存分に利用していくつもりだ。
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2014/02/26/kiji/K20140226007667280.html
<引用終了>
外国特派員協会での浅田真央インタビューを見ていても、選手は大人だなと思いました。気に入らぬ質問もあるだろうが、波風を立てずに言うべきことは確実に主張する。
競技環境やシステムの改善がなければ、自助努力と自己責任だけではこの先が乗り切れない。ハーフパイプ、そり競技、モーグルにスケートリンク。国内にないから海外に出るしかない。和気藹々の会見とならず、国や協会に対して様々な注文が出ました。出る人と出させる人が同じ場所にいた。

それをテレ朝のモーニングバードで見てましたら、解説に宮嶋泰子が登場。
話を振られるやいなや「よくぞ選手がいってくれました!」としたり顔で話をしだしたのは鼻白みました。
「以前から問題だったんです」「下村大臣は2020年までは強化のあらゆる施策をとる、とおっしゃいますがその後を考えているんでしょうか?」などなど一面でもっともな意見を話していました。・・・でもね。

お前が言うな、と思う。
宮嶋泰子はモスクワ五輪以来、17回目の五輪参戦だそうで、私は個々の事情に通暁しておるぞといわんばかりの態度。

報道に携わる者として、肝心な場面で口を噤んでいた貴方にも責任がある。
秒単位のレーティングに一喜一憂し、スポンサーの顔色を注視する民放とはいえ、全て終わってから実は私もそう思ってましたって、そんな安易な乗っかりはないだろう。

贅言も多い。昔、女子マラソンの中継で松野明美か谷川真理が走っている映像を見ながら、思い入れたっぷりで“解説”。反応を求めた解説の増田明美に「ここは、黙ってみていれば分かると思います」と予想外の返しを喰らった場面を見たことがある。さすが増田明美と思いました。

初めはメダル、メダルと騒いで、いつしかメダルじゃない、感動をありがとうで終わる。
いつものお約束だが、真相を分かっていて口を噤む人の罪は軽くないです。

出す人出させる人 2014年02月25日

むかむかしてくるな。他人事ではありますが。自分がもし同じことやられたらどうするだろう?
自分の場合は高い確率で、言ってきた相手をおそらく何発か殴っているだろう。
辞表要らずってやつか。啖呵きって、立つ鳥跡を思いっきり濁してやる。
<引用開始>
NHK籾井会長、理事辞表預かる 人事権強調
NHKの籾井勝人(もみいかつと)会長が一月二十五日の就任初日に理事らに辞表を預けるよう求め、会長の人事権を強調していたことが二十一日、複数のNHK関係者への取材で分かった。現在までに任期途中で辞任した理事はおらず、辞表は籾井氏が預かっているとみられる。
 関係者によると、一月二十五日午前、臨時役員会が開催され、籾井会長は「あなた方は前の会長が選んだ。今後の人事は私のやり方でやる」という趣旨の発言をし辞表を預けるよう出席者に求めた。籾井会長は二十一日の衆院総務委員会で民主党の近藤昭一氏に「辞表を預かっているという事実を確認したい」と問われ、「人事のことなので言及を避けたい」と答弁していた。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2014022202000145.html
<引用終了>
権威を翳して威張り散らし、目下の人に恭順の意を示させる。もともとこういう人なんだろう。
そのくせ、さらに強い相手には怯む。「人事なので言及避ける」などと逃げるわけだ。そして、上にねじ込まれた分を、下へさらに強くあたり、恫喝することで鬱憤晴らしか。最悪の上司だな。

部下が辞表を出してきたら、その人の目の前で破る。そういう器量は持ち合わせてはいまい。
でもそういう夢想はしてそう。自分大好きなんでしょうから。
日時を入れさせない辞表を書かせたというんだから悪質だなあ。この人のキャラクターも問題だけど、出身会社の三井物産はどう思ってるんだろう。そういう人物が副社長まで登り詰めたんでしょう。

三井物産ってそんな乱暴な会社なんだ、って受け取られるリスクは想定しないのかな。レピュテーション・ビルディングは大事だと思う。後からボディブローのように効いてきます。

しかし、唯々諾々と出す人ってのもな。全員が出したってんだから、プライドないのかねえ。

ストレートすぎる表現 2014年02月24日

子どもに使っていいのかなあ、と思わせるサイトを見かけました。
日本銀行が子ども向けに開設している「にちぎんキッズ」というサイトがあります。
https://www.boj.or.jp/z/kids/index.html
これがなんだかすごいのですね。
フラッシュを使って、お金とは?をやさしく解説しているのだけれど、表現がストレートすぎる。
一番偉いというのを浅いレベルで鵜呑みにしてしまうんじゃないか。余計な心配してしまいます。

«煽り屋 2014年02月23日

2021年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ