« 載せ換え問題 | トップページ | マウンティング »

鉄の女

2013年04月09日
サッチャー逝去。彼女の成し遂げた“偉業”を礼賛する記事ばかりで新聞は埋められてますが、本当にそうだったかな。功罪半ばすると思う。
<引用開始>
サッチャー氏死去 「鉄の女」元英首相 87歳

「鉄の女」と称された英国のマーガレット・サッチャー元首相が8日午前、脳卒中のため死去した。87歳だった。1979年に英国初の女性首相に就任。3期11年余にわたって保守党政権を率いた。「小さな政府」を志向する経済政策は「サッチャリズム」と呼ばれ、英経済を回復させたが、反発も招いた。
 キャメロン首相は「偉大な指導者を失った」と述べた。
 首相就任後、国有企業の民営化など構造改革を断行。米国の「レーガノミクス」や日本の中曽根行革の手本となった。外交では対ソ強硬姿勢を貫き、ソ連メディアから「鉄の女」と呼ばれた。82年の英領フォークランド(スペイン語名マルビナス)諸島をめぐる紛争では、アルゼンチン軍の侵攻に対し、政府内の慎重意見を押し切って英艦船の派遣を決定。強い指導力を内外に印象づけた。
 01年に脳卒中で入院し、翌年、事実上の政界引退を発表。08年には長女が著書で、認知症を患っていることを明かした。葬儀は、ロンドンのセントポール大聖堂で行われる。http://www.asahi.com/shimen/articles/TKY201304080697.html
<引用終了>
サッチャー政権からですね。それまでイギリスを形容する文句だった『揺りかごから墓場まで』が使われなくなってしまったのは。
国営企業を相次いで民営化させて、競争を呼び込んで企業努力させた。結果的に経済が活性化したけれど、公共支出の大幅削減と小さな政府化によって手厚い社会保障は有名無実となってしまう。さらに産業面でも問題がある。
自動車メーカーで、純粋に英国資本の会社はついに無くなりました。
ローバー、ジャガー、アストンマーチン、MGにMINI。みんな外資傘下になってます。競争の末の当然の結果、などといわれるかもしれないが何となく寂しい感じです。私はサッチャリズムの責任が大きいと思う。

私のなかのサッチャーのイメージは、フォークランド紛争でみせた強硬姿勢ですね。
大西洋の隅で、あんな辺鄙なところの領有権を争って軍艦を駆り出したのは驚いた。強欲だなって。それから、あの軍事作戦ではアンドリュー王子もパイロットで参戦したので二度びっくり。王族が戦線の先頭に立つとは、日本ではちょっと考えられません。
おそらく、フォークランドを失えば地中海入り口のジブラルタルもスペインから返還要求が出されるかも、と懸念したのだろう。
香港ですら、返還を先延ばししようと中国に申し入れしましたしね。
このとき鄧小平は、一歩も譲らなかった。彼女の脳裏には、冷戦終結の露払いとフォークランドでの栄光とともに、香港返還での蹉跌ともいう感情が去来してたのではないかと思う。

近所にイギリス出身者が住んでまして、彼にサッチャー逝去を教えたら「やった!祝杯ですよ」と喜んだのでまたビックリです。多くのイギリス人は彼女がしでかした人頭税導入で怒り心頭らしい。外と内では、評価する尺度も視点もまるで違うと実感しました。

ポスト冷戦も一区切りですかね。

« 載せ換え問題 | トップページ | マウンティング »

2021年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ