« エイプリルフール | トップページ | 完全黙秘の女 »

無邪気

2013年04月02日
おそらく、悪気はまったくない。無邪気なんだろうと思います。
アプリをインストールして、接触サイトを調べるアンケートは少し前からあります。
<引用開始>
NTT、ネット調査中止…カード情報取得に批判

NTTグループが顧客を対象に予定していたインターネット利用調査で、クレジットカード情報やメールの内容がNTT側に送信される仕組みになっていたことが批判され、1日、調査を見送ることを決めたことが分かった。

同グループは「説明が不十分だった」と謝罪している。

調査は、パソコンやスマートフォン利用者を対象に、今月8日から7月31日まで実施予定で、端末にNTT側から配布されたアプリを入れると、閲覧したサイトの画面や位置情報、通話日時などがNTTに送られる仕組み。調査協力者には最大で9000円相当のポイントが贈られる予定で、これまでにNTT東日本、NTT西日本、NTTドコモに計3万件近い応募があったという。

ところが、初期設定のままでは、金融機関のサイトでキャッシュカードを使ったり、買い物サイトでクレジットカードを利用したりした場合、暗証番号や口座残高も送信される上、社内ネットワーク内の情報など、本来は特別な権限がないと閲覧できない情報も送信されるようになっていた。このため、ネット上では「説明がわかりにくい」「取得した情報の利用目的が不明瞭」などの批判の声が上がっていた。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130401-OYT1T01646.htm
<引用終了>
NTTと一緒に仕事してきた経験からしますと、この調査も基本的に悪気はない。調査する側、される側双方の性善説を前提としていて、悪用される可能性なんて微塵も考えていないんだと思います。

そうした悪意、あるいはその悪意を懸念する人々の存在に気づかないのですね。
NTTの看板があれば、大抵の案件は検討がされるし、大抵の人間は接触を許可します。障害とか壁というものを意識しないで仕事ができてきている。しかも巨大組織で、外部と殆どコミュニケーションとらずとも完結する仕事がある。人間関係の構築とかビジネスでの連携とか、わりと苦もなく達成できるから、本来備えるべき障害に無自覚でいられるんでしょう。それでずっと仕事が続けられるなら、ある意味で幸せです。しかしNTTの看板の埒外領域で、本来は必要な配慮とか根回しとかあらためて求められ、困惑してしまう。こんなことの繰り返しが多いんではないか。

「あ、言われてみればそういう可能性もありましたね」。ある事柄でのリスクや懸念を出す度に、何度もそう言われたものです。のんびりと。

一緒に仕事してて気疲れはしないが、ため息を吐くことが多かったのを思い出しました。

« エイプリルフール | トップページ | 完全黙秘の女 »

2021年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ