« 上がるハードル | トップページ | エイプリルフール »

機械化

2013年03月31日
言われてみれば、確かにそうだ。ETCに慣れて忘れてしまっていました。
<引用開始>
首都高、現金払い機械化へ 豊洲など23料金所
首都高速道路は、東京都内と神奈川県内の23の料金所で、現金の通行料金の受け取りを機械化する。4月1日から豊洲料金所でスタート、2013年度中に約16億円かけて順次導入する。

首都高はETC(自動料金収受システム)車以外の現金支払いの車は、料金所の係員が運転手から受け取り、精算していた。しかし、首都高は料金所ブースが狭く、係員1人あたりの空間が手狭で環境が悪い。精算機導入により、現在2~3人いるブース内係員を減らすことで、人件費削減とともに、1人あたりの空間を広げて環境を改善する狙いもあるという。

料金精算機はブースに埋め込まれ、乗用車と運転台の高い大型車に対応できるよう、2段になっている。料金所に進入した車をセンサーで判断、料金を表示するとともにアナウンスし、お金を投入してもらう。領収書も出る。精算機は右側のみのため、左ハンドルの車は左側のインターホンを使い、係員を呼び出す。
http://www.asahi.com/national/update/0331/TKY201303310018.html
<引用終了>
発券ゲートが有人状態のままっていうのは、考えてみればおかしいんですよね。で、何故これまで機械化が進まなかったのかというと、つまり時間稼ぎでしょう。

ETC普及を進めるためにわざと遅らせたのでしょうね。最初から現金収受による自動発券機にすればいいけど、それですとわざわざETCシステムを入れる意味合いが無い。

ORSE(道路システム高度化推進機構)を頂点とした、自動車、道路、電機、通信会社などの様々な儲かる仕組み(利権構造)が潰れてしまう。それでは困るからこういう順番にしたんでしょうね。
新エネルギー研究を実質なし崩しにしてきた、原発推進の構造ともよく似ています。
ため息が出てきます。大体、高速料金って本来は無料になる筈なのに。

« 上がるハードル | トップページ | エイプリルフール »

2021年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ