« 七帝柔道記 | トップページ | 「善意のおどかし」 »

ファミレス苦闘

2013年04月17日
ロイヤルホスト、復活してきたのか。家から最も近いファミレスですから馴染み深い。
<引用開始>
ファミリーレストラン老舗のロイヤルホストが復活の気炎を上げている。前2012年12月期の既存店売上高は1996年以来、16年ぶりに前年を超えた。客単価は10年より100円以上増え過去最高の1170円に達した。ガストやサイゼリヤなど同業のファミレスに比べると1.5倍の水準だ。ロイヤルホストに何が起きているのか。

低価格攻勢に押され苦戦したが・・・
かつてはすかいらーく、デニーズと並ぶファミレス御三家と称されたロイヤルホスト。近年はライバルの低価格戦略に押され、影は薄くなりがちだった。店舗数はこの3月末で236店と、ガストの1331店、サイゼリヤの959店と大きく差をつけられている。

外食産業の市場規模は97年の29兆円をピークに、11年には23兆円まで縮小した。市場縮小と歩調を合わせるようにロイヤルホストも98年の377店をピークに店舗数の減少が続く。今後も不振店をステーキ専門店「カウボーイ家族」などへ業態転換を進め、14年末までに212店まで縮小する見通しだ。

店舗数が減れば、一般消費者の認知度は徐々に落ちていく。親会社ロイヤルホールディングスにとってロイヤルホストは売り上げの3割を占める主力業態であるだけでなく、圧倒的な知名度を誇るブランド力の源泉。このままの縮小均衡路線を黙って見ているわけにはいかない。ロイヤルホストの再建は77年の東京1号店(三鷹市)の店長で、機内食事業や高速道路サービスエリア事業のトップを務めていた矢崎精二(現ロイヤルホスト社長兼ロイヤルホールディングス専務取締役)に託された。(後略)
http://toyokeizai.net/articles/-/13686
<引用終了>
最寄の店は拙宅から七百メートル程度で、環七に面してますが最近は立ち寄っていません。
ここ十年あまりで、何度も微調整をやっています。禁煙と喫煙席をはっきり分離させる、ドリンクバーを設置する、制服をスカートからパンツにする、おしぼりを紙製にし、水もセルフに替える。さらには注文もテーブルのボタンにて呼びつける。そんな微調整をやってきてました。それから座席とテーブルのリニューアルをやり、照明を暗めにして高級感を出したつくりにしながら、全面禁煙もやりました。それまではいい。

でも、単価がぐんと上がったんですよね。ドリンクバーを単独で頼むと380円くらい、ステーキが1500円、ピラフやパスタで900円くらい、ケーキでも600円はチャージしてくるようになりました。これで気軽に入る店ではなくなりましたね。くだらない話をして長時間過ごそうという私の嗜好からは外れてきました。

量や価格を考えるとサイゼリヤだのガストだのとは勝負になりません。まあ、そういう店舗に来る客層は高校生くらいがメインなので非常に喧しいのだけれど。くつろぐのでなく、餌の補給に立ち寄るという感じかな。長居は無用な場所です。
ロイヤルホストのメイン顧客は、時間と金がそこそこある40代女性だそうで、メニューも素材とか健康志向を考慮して設定しているんでしょうね。
すかいらーくでいうガーデンズとかシズラーといった想定ですか。

消費税が上がるとたちどころに影響が出る業態ですね。世の中の空気に敏感に反応せざるをえない宿命を抱える。
でも本当に復活したのかね。そばを通るたびに、空いている店の様子ばかりを目にします。

あの店は場所柄、ディズニー行き帰りの人を狙っているんですが、中でお金使いすぎて寄り道しなくなったのかもしれませんよ。TDR好業績の裏で周辺は閑古鳥ではないかな。
ロイヤルホストの道路はさんで斜向かいにパチンコ屋があるんですがこちらは、午前中から満杯。健やかでないよねえ。

« 七帝柔道記 | トップページ | 「善意のおどかし」 »

2021年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ