« 同類の人々 | トップページ | 新テスト »

呼び名

2013年06月05日
サッカーはドキドキでした。この団地では八割の家庭が見ていたようです。拙宅もBS1のほうで視聴してました。
<引用開始>
日本W杯決定:ザック監督「選手に感謝」 一夜明け会見
サッカーの2014年ワールドカップ(W杯)ブラジル大会に5大会連続5回目の出場を決めた日本代表は、熱戦から一夜明けた5日、さいたま市内のホテルで会見した。アルベルト・ザッケローニ監督は「W杯出場を決めてうれしく思う。選手なしでサッカーは成り立たない。選手に感謝したい」と語り、W杯切符を手にした喜びを改めてかみしめた。
4日夜、埼玉スタジアムで行われたW杯アジア最終予選で、B組首位の日本はオーストラリアと1-1で引き分け、通算4勝2分け1敗の勝ち点14とし、開催国ブラジルを除いて「世界最速」でW杯出場を決めた。
http://mainichi.jp/sports/news/20130605k0000e050218000c.html
<引用終了>
試合が膠着状態だなあと思って、ベランダに洗濯物の乾き具合を見に行った際にオーストラリアのゴールが決まりました。その瞬間、隣と上下階などから「わー!」と同時に声がしてビックリしました。
皆見てたんだ、ってあらためて実感です。
その後、あのPKが決まって安堵しました。勝たなくても、負けなければよいのです。

選手のインタビューを昨日今日と聞いていて、おやっと思ったことがありました。お互いを呼び合うときの呼び名に共通の要素があるようです。
本田が香川を呼ぶときは「シンジ」。逆に香川が本田を呼ぶときは「ケイスケくん」となるんですね。
年齢は二つ本田が上。体育会的な感覚でいえば「本田さん」もしくは「ケイスケさん」と呼ぶものだと思ってたが「くん」づけです。それだけ親しい感覚なのか。「さん」だと遠くなってしまうのかな。
試合中に呼び合うときは敬称なんて気にかける暇はないんでしょうけれども。

ところが本田が今野を呼ぶときは「今野さん」。遠藤を呼ぶとき「ヤットさん」。長谷部には「ハッセさん」となる。五つ以上年が上になると敬称に「格上げ」されるのだろうか。それとも今野や遠藤には「くん」呼ばわりするのが憚られる雰囲気があるのでしょうかね。
ところが吉田麻也の場合はフレンドリー。五つも上の川島に対して「エイジくん」と呼んでます。

年上が同い年以下を呼ぶ際は名前の呼び捨てですが、年下が上を呼ぶ場合にバリエーションがあるようです。

野球だとそういうことはない。同輩以下は苗字か名前で、先輩には「さん」づけが基本になってます。
「くん」づけを許さない空気があるんでしょうか。勿論、硬直しているとかそういう印象づけはしません。競技特性も歴史も違うので、それぞれに尊重されるべきだろうと思ってます。

それでは、同じ名前の場合はどうなるんだろう?
以前に、明治のラグビー試合を見ていて、同姓同名で「やまぐちだいすけ」という二人の選手が出ていました。しかも二人ともポジションがバックスでした。
サインプレーとかどうするんだろう?と見てたら学年で違いを出してました。二人は三年生と四年生だったのですが「サンヤマ」「ヨンヤマ」とそれぞれ呼ばれていました。
現場の知恵ですね。

« 同類の人々 | トップページ | 新テスト »

2021年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ