« 形になります | トップページ | キャラ立ち民俗学 »

常套手段

2013年05月14日
また聞き捨てならないことを・・・。もう、代表辞めたいんじゃないのか。その大義名分かも。
<引用開始>
維新・橋下氏が慰安婦是認発言=在沖米軍には風俗業利用促す-与野党から批判
 日本維新の会の橋下徹共同代表(大阪市長)は13日、旧日本軍による従軍慰安婦問題について、「慰安婦制度は必要だった」との認識を示した。橋下氏はまた、在沖縄の米軍幹部に対し、米兵による風俗産業の利用を促したことも明らかにした。
 歴史認識をめぐる安倍晋三首相の言動が中韓両国などとの外交摩擦となっている中、慰安婦の存在を是認した橋下氏の発言に対し、与野党双方から批判の声が上がった。
 橋下氏は同日午前、大阪市役所で記者団に対し、「銃弾が雨・嵐のごとく飛び交う中で、命を懸けて走っていく時に、猛者集団、精神的に高ぶっている集団をどこかで休息させてあげようと思ったら、慰安婦制度が必要なのは誰だって分かる」と述べた。
 橋下氏は同日夕にも記者団に「軍の規律を維持するため、当時は必要だった」と改めて主張。さらに、大型連休中に米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)を視察した際、米司令官に「もっと風俗業を活用してほしい」と求めたことを明らかにした。その理由について橋下氏は「性的なエネルギーを合法的に解消できる場所は日本にはあるわけだから」などと語った。
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol&k=2013051300912
<引用終了>
彼の論法の特徴がよく出ています。発言を聞くと「歴史を直視して被害にあった人には心から謝罪しなければならない」と公平な言い分をしているようにも見える。

しかし「制度が必要なのは誰だってわかる」と結論をけっして曲げてはいない。一見、譲歩しているように見せるのがミソ。相手側にとって「仮想の利益」を提示しつつ、自身の論拠に沿わせようとする常套手段ですね。弁護士が使うところのポジション・トークというものにも性格が似ている。

まず、慰安婦や慰安所がない戦場は世界中にいくつもある。平時ではない異常な状況下で国を背負って何かをやっているなら、性的放埓は許容されるなどと皆が皆考えているわけではありません。

女性手帳だとかと同じ視点を持っていますね。女は最終的に強い男に従うべし。それも絶対服従だといわんばかり。おそらく、発言した際には自身の言葉ながら軽い陶酔も覚えているのではないかな。俺、かっこいいって。
つい口が滑ったのではなく、確信犯で言ってるのではないかと感じます。維新の代表を降りたいんじゃないか。都議選でもその先の参議院選でも危ないと実感しているのだろう。責任をとる、として逃亡したいのではないか。

拙宅近辺にも、都議選に出る維新の候補という若い人が連日やってきます。ところが、演説するわけでなく「選挙公約をお配りしています。どうぞ、お受け取りください」と呼びつけるだけ。呼びつけるとは何事だ、というわけで著しく評判が悪い。ポスターを見ると、いかにも空気が読めなさそうな顔立ちです。首魁と同じか。もう来ないでね。

« 形になります | トップページ | キャラ立ち民俗学 »

2021年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ