« 新テスト | トップページ | すごい人のすごい話 »

ロイヤリティ

2013年06月07日
これ、余計に企業の活力を削ぐことになってしまうんじゃないかな。誰が留まり続けるんだろうか。
<引用開始>
社員の発明、会社に特許権 知財戦略案に帰属先変更方針

 安倍内閣が7日に閣議決定する「知的財産政策に関する基本方針」が明らかになった。企業の研究者ら従業員が仕事で発明した「職務発明」について、現在は従業員側にある特許権の帰属を見直し、企業への移行を検討する方針を盛り込んだ。来年度中の特許法改正も視野に入れ、検討を進める。

 基本方針は、今後10年間の知財戦略の方向性を定めたもので、安倍政権の知的財産戦略本部(本部長=安倍晋三首相)がまとめた。7日の閣議決定を経て、14日にまとめる成長戦略にも反映させる方針だ。

 現行の特許法では、特許権は発明した従業員に帰属し、企業側に譲り渡せば、「相当の対価」を受け取ると規定している。基本方針では、従来の仕組みを抜本的に見直し、特許権を(1)企業に帰属(2)企業か従業員のどちらに帰属させるか契約で決めるとの2案を明記。後者の場合も、従業員の立場は弱く、特許権の企業保有に拍車がかかりそうだ。
http://www.asahi.com/business/update/0607/TKY201306060511.html
<引用終了>
この帰属問題、日亜化学と中村修二の青色ダイオードを巡る争いあたりから始まりましたが、報じられた内容が正しいなら、あまりにも企業寄りで偏った裁定なんじゃないか。知財とかパテントとかがこれで増えていくとは到底思えないです。確か特許件数は中国に抜かれたのではなかったか。

背景には、人の評価という大きな問題があるんですよね。終身雇用という原則が護られている限り、生み出した社員もいろいろ不満はあっても、それを呑み込むことができた。でも今はそうではない。雇用にも昇給にも期待するな、身分も不安定に甘んじろ、いつでも取替え可能な状態にいることを覚悟しておけ、切られても恨むな、会社で知りえた秘密は漏らすな、ついでに経営者の俺に感謝しろ、こんな理不尽なオーダーですもの。企業へのロイヤリティは下がる一方です。

人材がコンパチブルに変わったことで、属人的な知見や情報をなるべく企業側に留めておこうという試みなのだろうが、なんとも寂しい話ですね。何のための組織なのかがどこかに飛んでしまってます。

いろんなやつがいるから面白い組織になるのに。活力がまた損なわれる措置だと思いますよ。

« 新テスト | トップページ | すごい人のすごい話 »

2021年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ