« マネーの虎の今 | トップページ | なきわかれ »

事実と願望

2013年05月05日
「同じ哲学を持っている」とはどんな根拠なんだろう?インドは多民族で多宗教、多言語だ。
<引用開始>
「中国とスムーズにいった歴史ない」 麻生副総理、日印米豪の協力強調

インドを訪問した麻生太郎副総理兼財務相は4日、ニューデリー市内で講演。日中関係について、「インドは陸上で中国と国境を接し、日本は海上で接触を持っているが、われわれは過去1500年以上の長きにわたり、中国との関係が極めてスムーズにいったという歴史は過去にない」と述べた。

麻生氏は、インド商工会議所連盟などが主催する講演会に出席。質疑応答で、中国とインドでも領有権をめぐる紛争があり、安全保障や海洋分野での日本とインドの関係を強化すべきではないかとの質問に対し、答えた。また、中国の軍事的台頭に対抗する日印関係を問われ、「インドと日本は哲学で結ばれ、価値によって突き動かされる同盟国同士ではないだろうか」と指摘。「豪州に米国が駐留軍を置くという事態は、地域のスタビリティー(安定)を大事にしなくてはならないという表れだ」と述べ、米国とオーストラリアを含めた4カ国の協力態勢を築く必要性を強調した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130505-00000064-san-pol
<引用終了>
外遊中で、気分も軽くなってつい余計なことを言ってしまうのだがこれはいただけない。中国をただ刺激するだけ、そしてインドは助けてはくれない。
軍事的・経済的な意味で中国包囲網を構築して、かの国に依存しない体制を組もうとしたいのだろう。でも、インドと同じ哲学とか価値観を日本が持っているとは思いません。ましてインドは核保有国じゃないですか。

長い国境線を中国と接しているだけにヒマラヤ地域などで領土問題があることは確か。でも、それはそれ。インドにとって世界で最大の貿易相手国は中国。ここは動かない。これまでより踏み込んで、中国と対峙する状況にはまずなりません。
豪州についても事情はほぼ同じ。衛星放送で豪州のニュースを見ていたら、ジュリア・ギラード首相が出てきて米高官と米軍駐留の条約更新が出てきました。地域のスタビリティを高めるという意味で両者は緊密に連携はしていく。しかし続けて出た米国との農産物交渉では一歩も退かないと付け加えた。そして、豪州の貿易相手国一位もまた中国。ここを本質的に刺激するような政策をとるわけがありません。外交的駆け引きはあるにせよ。

極め付きは安倍晋三。サウジ・UAEに外遊して「わが国と同じ価値観を持つ国と認識している」と発言したが、悪い冗談だろと思いました。
サウジなんて、鞭打ち刑が平然とあり、女性の権利が最も蔑ろにされ人権状況が最悪な国じゃないか。民主的手続きで首魁が選ばれるわけでもない。長年の王族支配が続き、厳格なシャリアに基づいて人前での飲酒も禁止。
価値観同じとはいえない。いや、そういう価値観に持って行きたいのか?

不勉強で、情勢を読めず、ただただ出す言葉が軽いと感じます。

« マネーの虎の今 | トップページ | なきわかれ »

2021年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ