« 「論破」幻想 | トップページ | 入りと出の差 »

謎の着信

2013年05月26日
先日外出中に、携帯に着信通知が残されていました。
番号が先頭が044。次いで7から始まる三桁が続いて末尾が0110となっています。

通常の着信でなく、SMSメールで送られてきました。ちょうど電波が届かないときにきたんでしょう。これ、ドコモのやりだした無料サービスなんですね。
迂闊にも、この着信をそのとき削除してしまいました。知らない電話には一切反応しないように心がけています。

そのときはさして気にも留めなかったが末尾が0110って、これ警察の番号じゃないのか!

何だろう?と気になりだして、夜もなかなか寝られなかった。

招かれざる着信。警察なんて、まったく心当たりがありません。
殺人・傷害・詐欺・公金拐帯・横領・放火・窃盗・公然猥褻・事故・騒擾・外為法違反・建造物侵入・器物破損・・。何もない。立小便などの軽犯罪も多分・・・ない、筈だ。

ところが以降は、今日までまったく着信はなし。今日で一週間が過ぎようとしています。
・・・となると、事件性を帯びたものではないのか。

今度は段々腹が立ってきました。

後から調べると、044は川崎で、7の頭がついて末尾0110は川崎市の中原警察署になる。044-722-0110が該当します。これだろうか?SMS着信を削除しなければよかったなあ。

思い切ってかけてみました。

「はい、中原署」
「この間、不在時に着信があったんですが、何の用件ですか?」
「は?」
「だから、この間電話が取れないときに、そちらから着信があったんですよ」
「え?うちの誰からかけてきたかわかりませんか?」
「着信だから、とれないんだからわかるわけないでしょ!!」キレました。
「そんなこと言われても、誰かわからないんなら答えようがありませんよ!」
逆ギレされてしまいました。
「用事があればまた、かけるでしょうから。お待ちになればどうですか!」
相手の逆ギレは収まりません。
「わかりましたよ!」憤然と通話を切ります。

おのれ。これで、単なる間違い電話だったらどうしてくれよう。

ところが末尾0110は、警察とは必ずしも断定できないのですね。全く別のところかもしれない。
局番が空いていれば他の会社なども使っているようです。クレジット会社でもあるようです。
まあ、いい。いずれにせよ、今度かかってきたら「脅かしやがって!」と開口一番かましてさしあげましょう。

« 「論破」幻想 | トップページ | 入りと出の差 »

2021年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ