« 呼び名 | トップページ | ロイヤリティ »

新テスト

2013年06月06日
また、変えるつもりですか。こういう変更ってうまく行った試しがない。受験産業を喜ばせるだけです。
<引用開始>
センター試験廃止へ 文科省、複数回の新テスト検討
 文部科学省は5日、大学入試センター試験を5年後をメドに廃止し、高校在学中に複数回受けられる全国統一試験「到達度テスト」(仮称)を創設して大学入試に活用する検討を始めた。大学志願者の学ぶ意欲を引き出すことで高等教育の質を高め、国際社会で活躍するグローバル人材の育成につなげる。1979年に始まった共通1次試験以降、1回の共通テストが合否を左右していた大学入試が抜本的に変わることになる。

 政府は大学の教育・研究機能の強化を成長戦略に盛り込んでおり、入試改革はその大きな柱となる。高校側が新たなテストへの対応を迫られるほか、受験ビジネスにも影響を及ぼしそうだ。

 90年にスタートしたセンター試験は共通1次と同様に年1回の実施。受験生を1点刻みでふるい落とす手段として使われ、基礎学力を測るという当初の目的が薄れているとの批判があった。政府の教育再生実行会議(座長・鎌田薫早稲田大総長)が6日から具体的な内容を協議。9月をメドに、到達度テストの導入を含めた新しい大学入試のあり方を安倍晋三首相に提言する。

 到達度テストは高校2年生以上の希望者を対象に年2~3回実施する。フランスの大学入学資格試験「バカロレア」を参考に、難易度の異なる3種類程度のテストを用意する案が浮上しており、受験者は卒業後の進路などに応じてテストを選ぶ。

 大学への進学を希望する高校生は志望先に出願する際、最も良い成績を提出する。大学はこれをもとに受験生を選抜。必要に応じて、筆記や面接などの2次試験を実施し、多面的な評価で合否を判断する。

 文科省は早ければ5年後の導入を見込んでいる。これと合わせて現行のセンター試験は廃止する考えだ。高校卒業程度認定試験(旧大検)の位置付けや浪人生の受験方法は今後検討する。

 大学側には年1回のセンター試験と比べ、受験生の基礎学力を正確に把握できるメリットがあるが、高校側からは反発もありそうだ。高校の施設が試験会場となることが想定され「公平性が保てるのか」などの声がある。中高一貫校が有利なカリキュラムを組む可能性もあり「学校の序列化がさらに進む」との懸念も根強いとみられる。
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG0505N_V00C13A6MM8000/?dg=1
<引用終了>
もう、難易度の異なるテストを用意するって時点で、万人のためのものではないとしれますね。
結局は社会格差≒学力格差を固めていく作用をはたらかせてしまうのではないかって思います。

私が受験したのは40年近く前ですが、その翌年から「全国共通一次試験」が始まることになり、大混乱のなかでの受験でした。それまでは私立が三科目、国立で五科目で済んでいたものが、五教科七科目を満遍なく勉強しなければならなくなり、今年合格できなかったら大変なことになるぞと戦々恐々としたものでした。
本試験の二年前に、高校二年だった私たちはこの共通一次試験の模擬試験を受けさせられたことを思い出します。殆ど初めて目にするマークシート。勉強そっちのけで、いかに綺麗にはみ出ることなくシートを黒く塗り潰すか、そんなことばかりに腐心していた記憶ばかり蘇ります。

あの模擬試験は全国一斉だったと思う。惨憺たる点数結果など、もう思い出したくもないです。1979年からの導入と正式決定し、77年三月に卒業の自分たちのチャンスは浪人を含めても二回だけ。一浪の間に決めておかないとダメだと、大騒ぎしてました。

でも、共通一次試験は基本的に国公立受験者に関係するテスト。私立文系の私には本来、何にも関係ない筈なのになぜかビクビクしていました。今のようにインターネットもなかったので、口コミとか噂が尾ひれをつけて、小さくない不安を煽っていたのだと今になって思い知ります。

今度の場合もいろいろな思惑や憶測から流言飛語が広がるのでしょうね。私が気に入らないのは受験当事者でもなんでもない大人たちの都合で物事が全て決められていくこと。ことに教育となると張り切る人が多いですね。出来なかった自分からの復讐のつもりなんでしょうか。新しいテストが決まったのなら、その責任者も同じように受験して採点結果を公表くらいしたらどうですか。「私でこのくらい取った」って証拠はそれなりに意味があるし、重いと思うんですがね。

« 呼び名 | トップページ | ロイヤリティ »

2021年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ