« なきわかれ | トップページ | 手帳といえば »

総取り

2013年05月07日
アドビ、パッケージ商品をクラウド化するとか発表してしまった。さて困りましたねえ。
<引用開始>
米アドビが主力パッケージ製品をクラウドに完全移行、6月17日から
米ソフトウエア大手アドビ・システムズは6日、主力のソフトウェア・パッケージ「クリエイティブスイート」の最新版について、今後はサブスクリプション(定額制)サービスの「クリエイティブクラウド」を通じてのみ入手可能になると発表した。

クリエイティブクラウドのシニア・マーケティング・ディレクター、スコット・モリス氏は6日開催した年次会合で「アドビは100%クリエイティブクラウドに移行する」とし、クリエイティブクラウドの最新版は6月17日以降、定額制サービスの加入者のみが利用可能になると説明した。

2012年5月に発売された「クリエイティブスイート6」は、「フォトショップ」や「イラストレイター」「フラッシュ」など、総合的なマルチメディア・デザインソフトを組み込んだ統合パッケージとなっていた。
http://jp.reuters.com/article/technologyNews/idJPTYE94502820130506
<引用終了>
簡単に補足します。アドビシステムズは、あのPDFファイルを開発しているソフトウェア会社です。
公文書など改ざんされたくないレポートのファイルで重宝されてますね。ちなみにPDFとはポータブル・ドキュメント・ファイルの略称。PDFはアクロバットかアクロバットリーダーというアプリで読み書きができます。
アドビは、PDF以外に「イラストレーター」「フォトショップ」「フラッシュ」「インデザイン」といったいわゆるDTPソフトを数多くもっており、「クリエィティブスイート」(CS)はその殆どを網羅したパッケージ商品なんです。CDやDVDディスクに格納してこれまでは販売していたんですね。それを一切やめてこれからはクラウドからのダウンロードにするということを発表したわけです。

私の場合PCの使い始めが、MicrosoftのWordやExcelに先んじて「ページメーカー」によるDTP作業でした。ページメーカーは、DTPソフトの先駆けとしてアルダス社から出ておりましたが、今から約20年前に、アドビに事業吸収されて「インデザイン」というソフトに変わります。ソフトウェアのM&Aとしては当時、インパクトが大きかった。Microsoftの一党支配に対抗しようということでしょう。
それから、マクロメディア社のフラッシュがライバルだったアドビに吸収される衝撃も続きます。
ウィナー・テークス・オール。「総取り」が、アドビもMicrosoftも好きなんです。共存共栄という概念は持ち合わせていないんでしょうね。敗者は死ねといわんばかり。

さて、パッケージが無くなるっていうが、これからどうしよう。CSはまともに買い揃えようとすると30万は覚悟しなければいけません。これまでは古いのを調達したりして間に合わせましたがクラウドとなるとややこしいことになるだろうな。頭が痛い問題です。

総取りといえば、これ↓も総取りを企んでいるんですね。
米アップル、iPhone新規顧客の獲得機会逃す
http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20130507-00000016-bloom_cn-nb

飽くなき強欲といいますか。適正規模って考えはないのかねえ。

« なきわかれ | トップページ | 手帳といえば »

2021年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ