« おいこらの復活 2014年02月06日 | トップページ | 昼呑み会 2014年02月08日 »

作家チーム 2014年02月07日

例のベートーベン問題。当人は勿論だが、仕掛ける側にも相当責任があったのだと思います。
(佐村河内守、さむらかわちのかみって読んでしまった)

需要の少ないクラシック。交響曲を作曲となれば、いろんなマーケティング上の仕掛けが必要だろうと判断した。その結果が、広島出身+被爆者+全聾という物語を用いることにしたということなんでしょう。
見事にNHKが騙された。あのNHKスペシャルの影響は甚大だったと思います。私はあのとき偶然見なかった。見ていたら感情移入してしまったかもしれない。

障害をかかえる身で作り出した創作物となれば、どうしても割り引いて評価してしまいます。かって大江光のときがそうでした。作るにあたっては並々ならぬ苦労があったのだろうと勝手に忖度してしまう。たいした曲ではないけれど。

このベートーベン氏を初めて知ったときの興味は「曲想をどうやってスコアに書いているのだろう?」ということでした。聾者で、譜面が読めないということだったので、周囲に協力者がいなければ曲は出来ない。曲想を他者に伝え、それを採譜し、アレンジし、オーケストレーションする。それぞれに違う人がやる場合だって少なくない。どうやっていたのだろうと素朴に思ってました。

今回、協力者が名乗り出たことでその制作のあらましを知ることは出来ました。早い段階から新垣さんという作曲家とコンビでやってます、作家チームを組んでますと言っておけばこんなことにもならなかったろうに。デビット=バカラック、レノン=マッカトニー、ゴフィン=キングみたいに。

報道を見れば、聾者であったことも虚偽である可能性があるともいう。はじめから詐欺だとすれば、そんな考えなど浮かびもしないか。残念です。障害者にまた要らざる偏見が増されやしないかと心配です。

« おいこらの復活 2014年02月06日 | トップページ | 昼呑み会 2014年02月08日 »

2021年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ